過去の高金利の借入では、利息の払いすぎが発生しています。
いまテレビでは盛んに過払い金請求のCMが流れています。
ラジオでもそうですね。

その理由は過払い金請求の権利には時効があるからです。
時効が成立してしまっては交渉してお金を取り戻すことはできなくなります。
そうならないように盛んに法律事務所などはCMで呼びかけているというわけです。

参考:過払い金請求計算

過払い金請求権の時効は取引終了から10年です。
この取引終了というのがポイントで、お金を借りた時点から10年ではありません。

お金を全額返済し、契約が終了した時点から10年のカウントが開始されます。
そのため、過払い金を取り戻せる人はまだまだ潜在的に多く存在しているのです。

さらに取引終了から10年たっていても返還請求できるケースがあります。
それは取引終了後、ふたたび同じ会社からお金を借りたようなケースです。

以前の借金と新しい借金の間の間隔が狭ければ、前回の借金と同じ取引と解釈することで取引が継続していると裁判所が認定してくれる場合があるのです。

こうなれば時効の10年のカウントが開始されるのは、あとの方の借金の返済が終わった時点となります。

あまりに借金と借金の間隔が空きすぎていると認定は難しくなりますが、10年たっていてもお金を取り戻せる場合があるので覚えておいてください。